こんにちは、福尾です。

毎度、ネタには困っているので誰か何か聞きたいことがありましたら

コメント欄があるかわかりませんが、お問合せフォームからでも良いので

ご一報くださいませ。

今回は、弊社のルーツについて、どんだけ話せるかわかりませんが

つらつらと述べて行きたいとおもいます。

今年2022年の丸福塗料は、創業70期目というおめでたい年でございます。

だからと言って何かあるわけではありません。

コロナ禍によって完全にやる気を失っています。

この際70年を振り返って実家のアルバムは見てみようと思いますが、

まだ見ていません。

なのでお題の弊社のルーツは、今後少しずつ充実させて行きたいと思います。

1回目は、丸福塗料というよりは、丸福塗料ができるまえの創業者の家系などについて

少しばかり知っていることを話します。

私の代で3代目なのですが、創業者の私のお祖父さま福尾俊弥さんは、富山県高岡市の出身と聞いております。

高岡の福尾さんは、私は本家と言っていますけど、

こちらも今現在も塗料販売店を経営しております。

同業者なのでどんな商売をしているのか興味があるので

だいたい2年に1回は、お邪魔して情報交換などをしています。

実際にお邪魔して、商売の話などもするんですが、私のお祖父さまのお話にもなるんです。

お祖父さまである俊弥さんの若い時は、高岡の港の方で働いていた(すいません、かなり曖昧で)とか、

北海道の札幌に支店を構えた時に、手伝いとして俊弥さんが呼ばれて北前船で行っただとか、、、、

ちなみに本家のご商売は、江戸時代から続いております。創業何年とかはわからないです。

俊弥さんは、確か80才くらいで1990年頃亡くなったので、1910年頃生まれて

札幌にきたのが1930年頃だろうと思います(てきとー男ですいません)。

その頃の札幌や北海道がどういう状況かはわからないんですが、

わざわざ富山から親族を呼んだって言うことは、大変な状況だったのだと思います。

戦争が始まり、食料なども手に入りにくかったと、私の父、福尾俊太郎が言っていました。

かなり端折りますが、そんなこんなで、戦争が終わり、

札幌の支店(薄野にあったそうです)で商売を続けていたわけですが、

1948年に小樽で商売分けと言う形で独立して、1952年に会社組織にして現在まで続いていると言うことです。

すいません、中身がスカスカです。

もう少し勉強して今後の更新で充実させていきたいと思います。

とりあえず今回はここまでです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。